Twenty Sixteen 本文の幅を広げる

WordPress Twenty Sixteenのテーマ
シンプルでとても使い勝手がよいと思います。

個人的になんでもシンプルなものが好きです。

気になる点の一つとして、本文の幅が日付、コメント、タグなどが
本文の左に表示されることによって、本文の幅が狭くなってしまっていること。

スタイルシート3590行目あたりに下記のコードがあります。
(テーマのバージョンによって記載箇所が異なります)

body:not(.search-results) article:not(.type-page) .entry-content {
float: right;
width: 71.42857144%;
}

このコードを子テーマより下記の通り変更

body:not(.search-results) article:not(.type-page) .entry-content {
clear: both;/* floatを解除 */
width: 100%;
}

左側に日付等が表示されなくなり
本文の幅が広くなります。

本文の幅が広くなったあと、日付等と本文の距離が近いため
3618行くらい 下記コードのmargin-topを変更する

body:not(.search-results) article:not(.type-page) .entry-footer {
float: left;
margin-top: 0.1538461538em;
width: 21.42857143%;
}

2.4emぐらいでしょうか。数値は任意です。
あとは日付等の改行を直す必要があります。

少し下に下記コードが

display: block;
margin-bottom: 0.5384615385em;

blockのために日付等が改行しています。
日付等の左右余白をとるためpadding-rightを追加する。

デフォルトのままでは、日付、タグ等のwidth 幅が狭いため、
3620行ぐらいにある下記コード
width: 100%とする

body:not(.search-results) article:not(.type-page) .entry-footer {
float: left;
margin-top: 2.4em;
width: 100%;
}

3637行あたりにある下記コード
padding-rightの数値を変えることで
文字間を調整

.single .byline,
.full-size-link,
body:not(.search-results).group-blog .byline,
body:not(.search-results) .entry-format,
body:not(.search-results) .cat-links,
body:not(.search-results) .tags-links,
body:not(.search-results) article:not(.sticky) .posted-on,
body:not(.search-results) article:not(.type-page) .comments-link,
body:not(.search-results) article:not(.type-page) .entry-footer .edit-link {
padding-right: 24px;
}

#WordPress #TwentySixteen #カスタム #本文の幅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。