再起動の時間効率を考える

予定表。みなさんは使用してますでしょうか。僕は予定表ツールをコンピュータ上で使っていて、時間割を作って、お客さんの相談事に順に対応しているのですが…

最近、この方法について、効率が悪いんじゃないかと疑っています。
#あくまでも僕の場合です

仕事の性質上、案件はお客さんによって様々で、内容が180度違ったりするので
僕は連絡を受けるたび、頭をリセットして再起動しているんです。この再起動の時間が、ものすごく効率悪いなぁと感じています。

デザイン系の仕事をしている時なんかはとくに感じていて、ゾーンに入っている場合は、自分のブレーキを踏まない方が絶対にいい。

再起動の時間効率を考える


お仕事を依頼頂いていて、おかしな話なのですが
一回すべての案件をお断りして、一つの作業に集中できる時間枠を確保した方が
時間効率は上がり、長期的にみると会社の収益率は
おそらく上がると予想しています。
#でも困っているお客さんは手助けしたい
#お断りすることで失ってしまう信用を考える

『コンピュータのことならなんでもお任せ下さい。トータルにサポートいたします。』

トータルサポート。これがワンズテクノロジーの売りではあるんですが
マイナスにも作用していることを考える必要があると思います。

一つのことに集中できる環境を整える

これは対応するサービス内容を限定するということではなく

このあたりの打開策は、正しいかどうかは別として
ぼんやり浮かんでいて、年明けになると思いますが
整理ができたら実行に移したいと考えています。

Takuma Sugita BLOG

ワンズテクノロジー株式会社では、パソコン・サーバーの修理&販売&展開を主軸に
光インターネット回線工事、ホームページ制作、中古再生事業など
お客様のビジネス環境をトータルにサポート致します。

公式ホームページはこちら↓
WAndz Technology

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。