Twenty Sixteen – 子テーマ

4連休がおわりました。残念です。ただいま夜中の3時。僕の生活は、完全に昼も夜も関係なくなってきているので、レスポンススピードを考え、夜中でもお構いなしにメールを送ってしまおうと考えた杉田です。
#スマートフォンにメールを登録されていると夜中に迷惑
#問題があればご連絡下さい

WordPress 子テーマ

僕は以前、FC2のブログサービスを使用していたのですが、最近移行して、WordPressでBLOGを投稿しております。なるべく自由度がほしいので、WEB制作は相変わらず、ゼロからコードを叩いて構築しています。

WORD PRESS 子テーマ
WORDPRESS 子テーマについて

かなりテンプレートをカスタマイズしたため、バージョンアップができなくなってしまいました(バージョンアップをすると初期化され、設定がやり直しになってしまうため)そこで、子テーマの作成です。子テーマは既存の特定のテーマ(親テーマ)と連動して動作します。

親テーマ
機能・デザイン・フルセット

子テーマ(親テーマを全て継承)
追加・変更のみ

親テーマに変更を加えず、カスタマイズできる子テーマ

子テーマを作成することによって、カスタマイズした設定データが消えることなく、テーマのバージョンアップが可能となります。

必要なファイル
・style.css ・header.php ・functions.php

WordPressテーマがある「wp-content/themes」に格納されている
上記ファイルをローカル上にコピーする

style.cssで子テーマを定義する必要があります(慎重に)

functions.phpファイルを下記のように編集する必要があります。

<?php // プログラム言語PHPの記述の開始を意味する
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() { 
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style')
);
}
?> // PHPの記述の終了を意味する

style.css functions.phpファイルをそれぞれ子テーマ用フォルダにアップロードする。

子テーマを活用するメリットは、親テーマに変更を加えず、カスタマイズできることです。テーマをカスタマイズされる方は、バージョンアップのたびに、再設定の必要がないよう、子テーマの導入が必要となります(特別こだわらず、デフォルトテーマのまま使用される方には不要かもしれません。)

WEB,BLOGの制作のご依頼はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせフォーム

ワンズテクノロジー株式会社
富山県氷見市上田10-22 事務所棟101

#WordPress #TwentySixteen #子テーマ #style #functions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。