BLOG

LogiOptions version9.60.4.0 拡張子を読み込めませんでした

Adobe Photoshop 起動時のエラー

AdobeのPhotoshopを起動すると下記のようなエラーメッセージが出ます。

「LogiOptions version 9.60.4.0」拡張子を読み込めませんでした。正しくサインされていません。

Adobe Photoshop エラー表示

Logicool Optionsは、ロジクール マウス、キーボード、およびタッチパッドを強化するアプリケーションです。それらは、Adobeから提供されているものではありません。

ポップアップ画面は、Logicoolソフトウェアの再インストールすることによって、エラー画面が消えます。または、LogiOptionsが不要な場合、extensionsフォルダを削除することで、現象が改善します。

Windows11 ノートパソコン・デスクトップパソコン多数入荷
パソコン・サーバー等、コンピュータに関することはお気軽にお問い合わせ下さい。
ワンズテクノロジー株式会社

全国対応 富山県・石川県内 出張対応可

OneDrive 画像ファイル サムネイルが表示されない原因

フォルダオプションの設定を確認

フォルダオプションの”常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない”にチェックが入っているとサムネイル(縮小版)は表示されません。

常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない
✔常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない

ディスククリーンアップ 縮小表示を削除

サムネイルに関する、ファイルが破損している場合にも、サムネイルが表示されない場合があります。その場合は、ディスククリーンアップより、破損ファイルを削除できます。

ディスククリーンアップ 縮小表示を削除
✔ディスククリーンアップ 縮小表示

ディスククリーンアップ
Cドライブ → クリーンアップ

OneDriveのファイルオンデマンド

OneDrive内の画像の場合、OneDriveの設定によって、サムネイル(縮小表示)が表示されていない可能性があります。

ファイルオンデマンド
容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード

上記、項目のチェックを外すことで、現象が改善。

OneDriveのファイルオンデマンド

✔容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード

ワンズテクノロジー株式会社

Outlook インデックス作成の優先度

ビジネスで必要不可欠なメールソフト Outlook。

お客様の中には、Outlookがインストールされているにも関わらず、Windowsに標準インストールされているメールソフトを使用されている方が、意外と多くいらっしゃいます。

Outlook
Microsoft Outlook

OutlookはMicrosoftが展開する有償のソフトです。それは高機能なメールソフトです。そのため、インストールされている場合は、無料のメールソフトを使う必要はありません。

Outlookでは検索機能がかなり重要だと思います。

これらの検索機能は、アカウントが増えたり、メールデータが増えると、インデックス処理に時間がかかったり、うまく機能しなくなったりすることがあります。

インデックス作成について

Windows Search のインデックス作成は、コンピュータのアイドル時 (処理が行われていない時) にバックグラウンドで低い優先順位で実行されます。

そのため、優先度が高い処理が行われている間や常に実行されているアプリケーションがある場合などは、インデックス作成完了までに時間がかかる場合があります。

なお、優先度の決定は OS にて適宜判定して行われています。

インデックス作成の優先度を上げる方法

インデックス作成はコンピュータのアイドル時にバックグラウンドで低い優先順位で実行されます。

そして、以下のレジストリを設定することで、バックグラウンドでの優先順位を高くすることが可能です。

キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Search
名前: UseLowPriorityConfiguration
種類: DWORD
データ: 0
レジストリ設定後、OS を再起動してください。

※ 注意事項
インデックス作成の優先順位が高くなるため、コンピュータのパフォーマンスが落ちる可能性があります。そのため、通常利用に支障がある場合には、1 に戻してください。レジストリの操作は謝ると危険です。自己責任の上、実施下さい。

PSTファイルサイズ

OutlookのPST ファイルのサイズが大きい場合、インデックスの作成に時間を要したり、破損が発生しやすくなります。また、Outlook の動作に影響がない容量は、5GB (多くても 10GB 未満まで) になります。

そのため、ファイル サイズが大きい場合は、ファイルの分割や不要なアイテムの削除を検討下さい。

Outlookプロファイルの新規作成

インデックス処理のトラブル時、Outlook プロファイルに起因した現象かを切り分ける必要があります。そこで、新しい Outlook プロファイルを作成し、事象が回避されるか確認します。

手順

  1. Outlook を終了した状態で、[コントロール パネル] – [ユーザー アカウント] – [メール] – [プロファイルの表示] をクリックします。
  2. [使用するプロファイルを選択する] にチェックを入れて [OK] をクリックします。
  3. Outlook を起動します。プロファイルの選択画面が表示されますので、[オプション] – [作成] をクリックします。
  4.  ウィザードを進めて完了させます。
  5. 新しく作成したプロファイルで Outlook を起動して、事象が回避されるか確認します。

Officeの修復の実行

インデックス処理のトラブル時、Office の構成ファイルに起因した現象かを切り分けます。そこで、事象発生端末にて Office の修復を実行し、事象が回避されるか確認します。

ワンズテクノロジー株式会社