BLOG

五黄の寅年

あけましておめでとうございます。昨年は多くの方に大変お世話になりました。
一層サービスの向上につとめて参ります。本年もよろしくお願いいたします。

十二支と九星

2022年は『五黄の寅』と呼ばれる年になるようです。

十二支(寅年)九星(五黄土星)を組み合わせた呼び方です。それは、12と9の最小公倍数が36となるため、五黄の寅は36年に1度巡り、十二支と九星の組み合わせの中でもっとも強い運気とされているようです。

『五黄』とは、星が土星、方角は中央で運気が高いとされています。そのため、帝王の星とも呼ばれるようです。『寅年』は強い正義感と信念、行動力をあわせた強運をもつと考えられています。そして、それらが合わさった年が、2022年の『五黄の寅』です。

五黄の寅

五黄の寅
2022年

ポジティブ思考

スピリチュアル的なものは、詳しくありません。そのため、占いとかそういったものに対する僕の考え方はシンプルで、それがポジティブなこと、良いことであったなら前向きに受け取ります。反対に、ネガティブなことであれば、一切気にせず、右から左に受け流します。

その程度の知識なのですが、2022年は僕にとって、そこそこ挑戦の年になると思っています。願掛けで、2022年は『五黄の寅』の運気を前向きに受け取り、感謝を忘れずに、邁進していきたいと思います。

また、2022年の干支は正確には壬寅(みずのえとら)で、壬寅は冬が厳しいほど、春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる年になるというイメージがあるようです。

コロナから目まぐるしい多くの変化がありました。上手くいく時もそうでない時もありました。大変な境遇にいらっしゃる方も見てきました。どんな状況下にあろうと、大事なものは積み上げてきたものだと思います。2022年、多くの人にとって再生の年になることを願います。

ワンズテクノロジー株式会社

2021-2022 年末年始営業のお知らせ

年末年始営業のご案内となります。

1/5(水) – 1/6(木) 休業

上記以外、営業しております。

既にご依頼頂いております案件より優先して対応させて頂きます。また、年末年始は電話が繋がりにくい場合がございますため予めご了承下さい。
メールやLINE等でも受付可能です。コンピュータ関連でお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社では、WEBシステムの展開、ネットワークの構築や、初期セットアップ、 既存パソコンから新しいパソコンへの全データ移行までトータルにサポート可能でございます。ノートパソコン・デスクトップパソコン・一体型パソコン等、ラインナップ多数そろえております。年末年始中のPC入れ替えやスペックアップはおまかせ下さい^^

本年も大変お世話になりました。体には気をつけて、良いお年をお迎えください。

ワンズテクノロジー公式ホームページ

LINE Official Account

Office2021 PIPC版

2021年も残りわずかです。
通常業務と平行して、いろいろと進めていてバタバタしています。世の中的には全然たいしたことではないのですが、自分事としては大きなことで、2022-2023年頃は変化の年になるかもしれません。時期は未定ですが、ある程度形になったら、記載します。

Office2019 PIPC版 提供終了

Office2019 PIPC版
Office 2019 PIPC版

先日、Office2019のPIPC版が完売となりました。ご購入頂いたお客様ありがとうございました。以降は、Office2021 PIPC版を提供させて頂きます。

Office2021 PIPC版 販売開始

Office2021-PIPC
Office2021 PIPC版

今後は、Office2019に代わり、Office2021の販売いたします。もうすぐ2022年となりますが、現状、Office2021が最新版となります。販売エディションはPersonalとHome & Businessになります。Word,Excel,Outlookに加えて、Power Pointまで必要な方はHome & Businessをご選択下さい。

PIPC版のライセンス価格

PIPC版は一般的なライセンスより低価格でご購入可能です。注意事項として、PIPC版はPCとのセット販売となり、単品ではご購入頂けませんので予めご了承下さい。

通常のライセンスも販売可能ですので、Office2021を希望されるお客様はお気軽にお問い合わせ下さい。弊社では、Office365やボリュームライセンス等の展開も可能です。

時々、Microsoft社のOfficeは無料と誤解されている方がいらっしゃいます。しかし、一般的にOfficeは有償のソフトウェアとなります。そして、そこそこ高額です。

おそらく、現在インターネット等で販売のある、低価格なライセンスのほとんどが、正規品ではないと思われます。なぜなら、Microsoft社のOfficeは正規ルートの入れ値から、高額だからです。つまり、正規の形をとると、原価にかなり近い形での販売になります。これらは、ロットで入れても、なかなかどうにもならなかったりします。

Microsoft社にこだわりがなければ、ブランドを変えて、KINGSOFT等のOfficeを低価格でご案内可能でございます。また、無料版のOfficeもございます。

そのうちOffice2021の専用のページを公開します。Officeをお求めの方はお気軽にご相談下さい。

ワンズテクノロジー株式会社